玉掛けお役立ち情報 PR

玉掛けの手の合図をわかりやすく解説!クレーン運転者に正しく伝えよう

記事内にプロモーションを含む場合があります

『玉掛けの合図で、気をつける点を知っておきたい』
『玉掛け技能講習の資格を取る上で、正しい合図ができるか不安』

『手を使った正しい合図について、もう一度確かめておきたい』
『クレーン運転者に正しく伝えるには、どうすればいいの?』

玉掛け作業では、荷のバランスを見て正しく吊り上げることも必要ですが、適切な合図を伝えることも大切になります。

私は玉掛け作業について方法な経験があり、注意すべき点や合図の方法をよく理解しています。

そこで本記事では、玉掛けの合図について不安なあなたに対して、ポイントとなる点と具体的な方法を解説していきます。

この記事を読むことで、玉掛けの合図について理解できて、現場でも役立たてることができます。

玉掛けの合図の注意点

玉掛けとは、正確に定義すると、荷に吊るための器具を装着したり、吊り上げた荷物を解いたいりする一連の作業を指します。

玉掛け適切に行われていないと、荷物が崩れて事故の原因になります。

玉掛け作業の合図とは、作業員がクレーン運転者に対して、クレーンを適切な位置へ移動させるために行います。

注意すべき点は、クレーン運転者に対して合図して良い者は、『1人』であることです。

2人以上になると、伝達ミスの可能性が増えるので、1人にしています。

合図をするにあたっては、講習を受けたり資格を取る必要はありませんが、しっかりわかっていないと、とても危険であるといえます。

現場によって合図は異なる?

実際の現場によっては、合図の方法が微妙に異なることがあります。

事故につながる原因のひとつであるため、現場に入る前によく確認しておく必要があります。

特に日替わりで現場を変わる作業員が、新しい現場で合図を理解することができず、大きな事故を引き起こすことがあります。

玉掛け技能講習では合図が重要

玉掛けの資格の試験では、学科試験と実技試験の両方があり、実技試験で合図のテストがあります。

試験においては、適切なタイミングで正しい合図を出すことが必要です。

仮に、事故につながるような間違った合図をしてしまうと、大幅な減点になり不合格となる可能性が高まります。

玉掛けの実技試験に一発で合格する方法については、以下の記事でくわしく解説しています。

【こんな記事も読まれています】▽

【最新】玉掛け技能講習の実技試験で失敗しない5つの方法

手を使った基本的な合図

玉掛け作業時における合図は、手・笛・旗・声による方法があります。

ここでは、最も基本となる手の合図について、くわしくお伝えしていきます。

代表的な合図の例は、以下のとおりです。

  • 呼び出し
  • 位置の指示
  • 巻き上げ・巻き下げ
  • 水平移動
  • 微動
  • 停止・急停止
  • 作業完了

他にもいろいろな合図がありますが、上記は最もよく使うものになります。

以下から、よく使う合図について、それぞれくわしく解説していきます。

呼び出し

クレーン運転者がはっきり分かるように、手を高く上げるのがポイントです。

手を上げたときに、肘が曲がっていたり、指先がピンと伸びていないと、クレーン運転者が誤って合図を理解してしまうことにつながります。

位置の指示

ポイントは、指示する位置の近くの場所までいき、指で合図することです。

位置を指定する合図にも関わらず、離れた場所で行ってしまうと、クレーン運転者が間違えることにつながります。

また、合図をするときには、人差し指をピンと伸ばして、はっきりと位置を示しましょう。

巻き上げと巻下げ

巻き上げとは、荷物を吊っているワイヤーを巻き上げる作業を指します。

片手を上に上げ、ぐるぐると円を描くように合図します。

クレーン運転者がひと目で分かるように、大きな動作でぐるぐる回すと、なお伝わりやすいです。

巻き下げとは、巻き上げとは反対で、ワイヤーをゆっくりと巻いて荷物を下げることを指します。

合図の動作としては、腕を水平にして手のひらを下にして、下方に振ります。

上からおさえつけるようなイメージで、クレーンのゆっくりな動きに合わせて、手を振るのがポイントです。

水平移動

クレーンを走行、横行、旋回させるときに使用する合図です。

腕を見やすい位置に伸ばして、手のひらを移動する方向に向けて、数回動かすのがポイントです。

微動

文字のとおりに少しだけクレーンを動かす合図ですが、現場や業種によって、合図の方法が異なることがあります。

図は建設業のケースであることに、注意して下さい。

はじめに、両手で間隔を指示した後に、巻き上げと巻き下げの合図を行います。

停止と急停止

玉掛け作業の最中において、突発的なトラブルなどで、クレーンを停止させるときに使います。

停止の合図は、手のひらを高くあげます。

急停止は、非常事態において、いち早くとめるための合図です。

両手を高く上げて、激しく左右に大きく振るのがポイントです。

作業終了

作業終了時に行う合図ですが、最も忘れやすい合図のひとつです。

忘れてしまうと、思いもよらない事故につながるので、注意しましょう。

合図の方法は、頭の横に手を置く敬礼と、両手を頭の上で交差させる方法があります。

正確に合図を送るコツ

玉掛け作業において、クレーン運転者に対して正確な合図を送るには、いくつかポイントがあります。

中でも、最も重要な2点について、お伝えしていきます。

キビキビと動作する

それぞれの合図をするときに、キビキビとした動作をすることが大切です。

クレーン運転者は、作業をするときに、クレーンや周りの障害物など、さまざまな点に注意を送っています。

そのため、玉掛け作業者の方を少し見ただけで、スグにどの合図か分かるようにしておくことが大切です。

そのためにも、キビキビと動作して、ポイントを抑えた正確な合図を送ることが重要になります。

相手の見える場所で合図する

キビキビと動作したり、正確な合図を送ったとしても、クレーン運転者の視界の中にいなければ意味がありません。

そのため、クレーン運転者の視点を考えて、見えやすい位置で合図することが大切です。

次々と合図をする中で、クレーンの動きに注目し続けるのは大変ですが、どの程度意識できるかによって、合図者の質をわけるポイントになるといえます。

まとめ

本記事では、玉掛け作業者の合図の注意点から、基本的な合図の方法まで解説しました。

クレーン運転者に合図するのは、各現場で『1人』で、運転者から見えやすい位置で合図することが大切です。

また、合図をするときは、各動作を大きくキビキビと行い、伝わりやすいように心がけることが重要になります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

本記事を読んでもらうことで、あなたの玉掛け作業の質の向上に役立たつことができたら幸いです。